上映作品

※上映作品、上映時間、ゲスト等はやむを得ない事情により変更になる場合があります

◆小津監督のサイレント期を代表する傑作

大人の見る繪本 生れてはみたけれど

 
©1932 松竹株式会社 9月16日(土)14:00~ 活動弁士:澤登翠さん
新星劇場
監督 小津安二郎
出演 斎藤達雄 / 吉川満子 / 菅原秀雄 / 突貫小僧
作品データ 1932年 / 日本 / 90分 / サイレント
配給 松竹キネマ

あらすじ

良一、啓二のお父さんは重役の岩崎の近くに引っ越して出世のチャンスをうかがっている。だが兄弟の前では厳格そのもの。引っ越しで転校した兄弟は早速地元の悪ガキグループと喧嘩した揚句、鬱陶しくなって小学校をずる休みするも担任の家庭訪問で知られ二人は父さんから大目玉。そのうち悪ガキ仲間と友達になり一緒に遊ぶようになる。その中には岩崎の子供もいる。ある日、みんなで「うちの父ちゃんが一番えらい」と自慢する話が出る。兄弟も自分の父親が一番えらいと信じて疑わなかったが、ある日、岩崎の家へ行って見せてもらった16ミリ映画の中で、父は岩崎の前でお世辞を言い、動物のまねまでしてご機嫌伺いをしていた。怒った二人は食事も取らず、またしても学校をサボって抗議する。しかし、その抗議も長続きせず母のとりなしで兄弟は夕食を食べて寝る。父も子供の寝顔を見ながら、家族のためとは言いながら子供を絶望させたことを後悔する。翌朝、いつものように父と兄弟は一緒に家を出る。

 



実行委員会事務局:〒391-8501 長野県茅野市塚原2-6-1 茅野市役所観光課内 TEL.0266-72-2101 FAX.0266-72-5833