For Foreign Travelers

文字サイズ変更

お知らせ

2017年12月07日更新

観光まちづくりに関する講演会の開催について(2017年12月20日開催)

茅野市では、人口減少社会の中でも持続する地域づくりを実現するために、平成30年1月に「(仮称)ちの観光まちづくり推進機構」(以下推進機構)の設立を目指しています。推進機構は、「観光を活かした地域づくり」の旗手として、農林業や商工業、まちづくりに関わるすべての個人や団体と結び付き、地域資源を最大限に活かし、経済効果や雇用を生み出すことを目的としています。

そこで、日本及びアジア地域のサステイナブル・ツーリズム(持続可能な観光)の第一人者である高山傑(たかやま まさる)氏をお招きし、講演会を開催します。貴重な機会になりますので、ぜひ、ご来場ください。
(1)開催日時  平成29年12月20日(水曜日)午後6時30分から (受付 午後6時から)

(2)会場    茅野市役所 議会棟1階大会議室

(3)講師    高山 傑(たかやま まさる)氏

(4)演題    観光による持続可能なまちづくりのために~サステイナブル・ツーリズム(持続可能な観光)と世界の観光地域づくりの事例から~

(5)主催    茅野市

(6)その他   聴講無料 申込不要

講師紹介 高山 傑(たかやま まさる)氏

アジアエコツーリズムネットワーク(AEN)理事長。株式会社スピリット・オブ・ジャパン・トラベル代表取締役。NPO法人エコロッジ協会代表理事。国登録有形文化財「春陽荘」家主。

1969年京都市生まれ。米国カリフォルニア州立大学海洋学部海洋地質学科卒。休暇中にダイビングで訪れたコスタリカでエコツアーとエコロッジ(環境に配慮した宿泊施設)を初体験し、その理念に共鳴する。以後コスタリカを中心に中南米で語学を学びながらエコロッジおよびエコツーリズム(環境に配慮した観光)の仕組みを学ぶ。日本でのエコロッジの普及を目指して、2004年エコロッジ協会(現NPO法人エコロッジ協会)を発足。約60か国700都市を訪れて構築した国際ネットワークを活用し、アジアにおけるエコツーリズム国際基準の策定と訪日外国人向けのエコラグジュアリーツアーを日本各地で展開。日本でのエコツーリズムおよびサステイナブル・ツーリズム(持続可能な観光)の普及を目指して活動している。

講演会チラシ