だれもが楽しめる、何度訪れても尽きない大自然の魅力!オールシーズン楽しめるみんなのホームグラウンド!八ヶ岳。

八ヶ岳観光協会
〒391-8501
長野県茅野市塚原2-6-1
茅野市観光協会事務局内
TEL.0266-73-8550
FAX.0266-72-5833

登山道状況など山の情報は最寄の小屋へお問い合わせ下さい。

八ヶ岳観光協会からのお知らせ

2016/07/05 硫黄岳で登山者に人気の「高山植物の女王」コマクサが咲き始めました
      赤岳に続く稜線上ではミヤマオダマキ、ウルップソウ、ヨツバシオガマ、イワベンケイ、
      クモマナズナ…他にもたくさんの花が咲き誇っています。

      
2016/06/13 蓼科山頂付近に設置してあった地図や名称などがわから
      なくなっていた看板が「やまきふ」様のご協力により新
      しくなりました。ありがとうございました。
      登山者がこれからも八ヶ岳を安全に登られますよう活動
      して参ります。


2016/05/30 jRO(ジロー)様よりキャリングラック4個が八ヶ岳観光
       協会に寄贈されました。ありがとうございました。




2016/04/27 八ヶ岳アルペンナビ2016の宿泊施設一覧に掲載のキレット小屋の電話番号に誤りがあり
      ました。正しい番号は090-4716-2008です。
      皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに
      訂正させて頂きます。
2016/04/21 メルヘン街道(国道299号線)麦草峠が本日AM11:00より通行可能となりました。
2016/04/16 冬季閉鎖していた山小屋の小屋明け情報
      ・4月23日(土)・・・赤岳展望荘、唐沢鉱泉
      ・4月25日(月)・・・硫黄岳山荘
      ・4月29日(金)・・・オーレン小屋、美濃戸山荘、根石岳山荘(5月はGW、週末のみ)
      ・4月30日(土)・・・蓼科山荘、行者小屋(~5/8、6/4~)
      ・4月下旬・・・赤岳頂上山荘、山びこ荘
      ・7月2日(土)・・・ヒュッテ夏沢、7月上旬・・・キレット小屋

      今年の第5回北八ヶ岳苔の森開きは5月29日(日)に開催します。

      一部のカーナビで唐沢鉱泉の電話番号を入力すると赤岳山荘に行ってしまうという事例
      が起きています。唐沢鉱泉をご利用の方はご注意ください。
2016/03/17 先日、阿弥陀岳南稜で雪崩が発生し死亡事故がおきてしまいました。今の時期は雪が不
      安定で凍結箇所も多く、融雪が進むと岩稜帯の雪が硬く薄くなり、脆くなってくるため
      十分にご注意ください。また、最近日が落ちてから登山口に戻ってくる人がみられます。
      早出早着で無理のない行動計画を立ててください。
2016/03/15 メルヘン街道(国道299号線)麦草峠は2016年4月21日(木)11:00の開通に向けて除雪
      作業が始まっています。メルヘン街道を歩かれる方は除雪車に十分注意してください。

      北八ヶ岳ロープウェイは点検整備のため2016年4月4日 (月)~2016年4月22日 (金)の期間
      運休致します。
2016/01/28 雪山初心者を対象とした北八ヶ岳スノーフェスティバル2016(主催:山と溪谷社)が2月
      20日(土)~21日(日)の2日間、ピラタス蓼科スキーリゾートにて開催されます。
      冬山で必要な基本的な知識と技術を雪の上で楽しみながら学べるチャンス。参加は無料
      (一部有料講習あり)詳しくは北八ヶ岳スノーフェスティバル特設サイトで。
2015/11/10 メルヘン街道(国道299号線)麦草峠は11月19日(木)午前11時~平成28年4月21日(木)
      午前11時まで冬期通行止めとなります。
2015/04/23 メルヘン街道(国道299号線)麦草峠が本日AM10:00より通行可能となりました。
2015/04/21 第61回八ヶ岳開山祭に向けて、東京発の深夜バス「開山祭号」が運行されます。
      往路は6/5(金)の夜行で翌早朝に各登山口着、復路は6/7(日)の午後~夕方発で前夜
      6/6(土)の山小屋泊も合わせて申込みができます。
      なおゴールデンウィークから11月の期間も東京発の夜行「八ヶ岳あるぺん号」が企画され
      ています。詳しくは毎日あるぺん号ホームページで。
2015/02/19 今年の八ヶ岳は例年より積雪が多く、稜線は多い所は200cm以上あり登山道も風や雪で
      トレースが不明瞭となっている場所もあります。今後、雪の降り方によっては、沢筋な
      どで雪崩が発生する可能性が有りますのでご注意ください。また、雪屁の踏み抜き等も
      十分注意してください。
2014/09/14 夢の平林道下部にて熊が出没しました。
      キノコ採り等で夢の平林道を通行される方はカウベル、ラジオ等音の出るものを携帯し
      十分注意をしてください。
2014/06/26 鈴木ともこさん、八ヶ岳の魅力を語る
2014/05/26 第60回八ヶ岳開山祭会場変更について
      今年の八ヶ岳は例年より2倍の積雪があります。赤岳では5月26日現在、行者小屋から上は
      ピッケル・アイゼンが必要で積雪70cmから1mあり稜線でもかなり積雪がある状況です。
      冬の装備を持っていない一般登山者においては、危険が多いことから開山祭の会場を下記
      場所に移して開催します。
      ●南八ヶ岳会場・・・行者小屋
      ●北八ヶ岳会場・・・北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅前広場付近
2014/05/10 カーナビで検索すると違う登山口、違う山小屋に案内されることがあります。
      現地の案内は山小屋にお尋ねください。


本州のほぼ中央、長野県と山梨県にまたがる八ヶ岳は個性的な山々が連なる山塊。標高3000m級の鋭い岩峰が続く南八ヶ岳と、原生林や池沼が神秘的な雰囲気を漂わせる北八ヶ岳という、2つの異なる顔を持つ人気のアルペンスポットです。首都圏や中京地区からのアクセスが良く、1泊2日という短い日程でも登山の醍醐味が味わえます。



南八ヶ岳・・・
主峰・赤岳を中心に力強い岩峰が連なる南八ヶ岳。難所にはクサリや梯子、足場が設置されていて、入門者から登れる編笠山、天狗岳、硫黄岳からアルピニストなら一度は制覇したい赤岳、横岳、阿弥陀岳、権現岳の本格登山まで多彩なルートが張り巡らされ、レベルに合わせて楽しめます。稜線にはお花畑が広がりコマクサなどの希少な高山植物が可憐な姿を見せてくれるのも魅力です。



北八ヶ岳・・・
夏沢峠から大河原峠までの北八ヶ岳は、原生林が生い茂り大小いくつもの神秘的な池が点在する癒しの森。白駒池周辺の森の中では500種以上もの苔が青々と林床を覆い幻想的な風景を作り出しています。すべてが銀世界へと化す冬はスノーシューでの雪原散策がおすすめ。霧氷やダイヤモンドダストの美しさにも出会えます。