ゲスト

※ゲストはやむを得ない事情により変更になる場合があります(順不同・敬称略)


山内静夫(元小津組プロデューサー)

1925年生まれ。
47年、慶応義塾大学経済学部卒業後、48年、松竹株式会社入社、大船撮影所勤務。
56年小津監督作品『早春』よりプロデューサー。
主な作品に『彼岸花』『秋日和』『秋刀魚の味』『銀嶺の王者』『利休』
78年、松竹株式会社取締役に就任。90年退社。
12年鎌倉文学館館長を退任。

 

『東京物語』

香川京子(女優)

東京都出身。
都立第十高女(現・豊島高校)卒業後、新東宝に入社。1950年、島耕二監督の「窓から飛び出せ」で映画界にデビュー後、成瀬巳喜男監督の「おかあさん」、今井正監督の「ひめゆりの塔」(53)、小津安二郎監督の「東京物語」(53)、溝口健二監督の「近松物語」(54)、熊井啓監督の「深い河」(95)など数多くの名作に出演している。黒澤明監督の作品では「天国と地獄」(63)、「赤ひげ」(65)、「まあだだよ」(93)などに出演した。90年、熊井啓監督の「式部物語」でキネマ旬報助演女優賞、日本映画批評家大賞、「まあだだよ」で田中絹代賞、日本アカデミー最優秀助演女優賞などを受賞した。舞台のほか、テレビでの経歴も長く、NHK朝のテレビ小説「水色の時」(75)をはじめ、「ふたりっ子」「芋たこなんきん」などの作品に出演している。最近では映画「東南角部屋二階の女」、「Ballad」、「天使のいる図書館」、「おもてなし」、「MIFUNE:THE LAST SAMURAI」、ドラマ「サイレント・プア」、「この世界の片隅に」などに出演した。1998年秋に紫綬褒章、2004年秋に旭日小綬章を受章。著書に「ひめゆりたちの祈り」(1992年、朝日新聞社刊)、「愛すればこそ」(2008年、毎日新聞社刊)、「凛たる人生 映画女優 香川京子」(2018年、ワイズ出版)などがある。 2011年、FIAF賞を受賞。最近は上映の機会にその主旨を伝えたいと努めている。
※FIAF…映画フィルムを保存するための国際的な連盟

 

『学生ロマンス 若き日』

澤登 翠(活動弁士)

東京都出身。法政大学文学部哲学科卒業。故松田春翠門下。弁士の第一人者として国内をはじめフランス、アメリカ他の海外公演を通じて“弁士”の存在をアピールし高い評価を得ている。「伝統話芸・活弁」の継承者として“活弁”を現代のエンターテインメントとして甦らせ文化庁映画賞他数々の賞を受賞。多彩な語り口で現代劇・時代劇・洋画と様々なジャンルの無声映画の活弁を務めている。
2015年「文藝春秋」に掲載された「日本を代表する女性120人」にも選出されている。
●2017年第38回松尾芸能賞特別賞受賞
●2013年度 文化庁映画賞(功労部門)受賞
●2012年度 シネマ夢倶楽部賞(日本ファッション協会)受賞。
●2010年度「音の匠」として日本オーディオ協会より顕彰される。
●2002年平成14年度文化庁芸術祭優秀賞(演芸部門)受賞。
●2000年第21回山路ふみ子文化財団特別賞受賞。
●1995年日本映画批評家大賞ゴールデン・グローリー賞受賞。
●1990年日本映画ペンクラブ賞受賞。

 

『八重子のハミング』

佐々部清(映画監督)

1958年、山口県下関市出身。
明治大学文学部演劇科専攻、横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)を卒業後、フリーの助監督を経て、2002年『陽はまた昇る』で監督デビュー。以降、映画『チルソクの夏』(日本映画監督協会新人賞)、『半落ち』(日本アカデミー賞最優秀作品賞)、『四日間の奇蹟』、『カーテンコール』、『出口のない海』、『夕凪の街 桜の国』、『結婚しようよ』、『三本木農業高校、馬術部』、『日輪の遺産』、『ツレがうつになりまして。』、『六月燈の三姉妹』、『東京難民』、『群青色の、とおり道』、『ゾウを撫でる』、『種まく旅人~夢のつぎ木~』など監督作品多数。
他に、TVドラマ『心の砕ける音』(WOWOW)、『告知せず』(テレビ朝日開局50周年スペシャル/芸術祭参加作品)、『看取りの医者』(TBS月曜ゴールデン)、『波の塔』(テレビ朝日)、『痕跡や』(テレビ東京)、『本日は、お日柄もよく』(WOWOW)、舞台『黒部の太陽』の演出なども手掛ける。

 

『八重子のハミング』

陽信孝(原作者)

萩市「金谷天満宮」宮司
著書/「雲流る」「八重子のハミング」 自らもガンと闘いながら、アルツハイマーの妻を12年間介護。迫りくる死の影に怯むことなく闘病・介護を続け、4000日余りにも及んだ老老介護の軌跡を著書「八重子のハミング」にまとめて出版。

 

『忍びの国』

中村義洋(映画監督)

1970年8月25日生まれ、茨城県出身。
大学在学中にぴあフィルムフェスティバル準グランプリを受賞。崔洋一監督、伊丹十三監督らの助監督を経て、『ローカルニュース』(1999年)で劇場映画デビュー。2007年の『アヒルと鴨のコインロッカー』の大ヒットで一躍注目される。他『チーム・バチスタの栄光』(2008年)、『ジェネラル・ルージュの凱旋』(2009年)、『ゴールデンスランバー』(2010年)、『映画 怪物くん』(2011年)、『奇跡のリンゴ』(2013年)、『予告犯』(2015年)、『殿、利息でござる!』(2016年)などコンスタントに作品を発表している。

 

『幼な子われらに生まれ』

三島有紀子(映画監督)

大阪府出身。
大学卒業後、NHKに入局し「NHKスペシャル」などを監督し11年間の在籍を経て独立。『刺青の匂ひ月のごとく』(09)で映画監督デビュー。オリジナル脚本で『しあわせのパン』(2011年主演・原田知世 大泉洋)を監督し出世作となる。その後中谷美紀主演の『繕い裁つ人』などを発表。今回の『幼な子われらに生まれ』は原作に重松清氏、脚本に荒井晴彦氏を迎え、本当の家族とは何かを問う意欲作であり、モントリオール映画祭審査員特別大賞をはじめ、多くの賞を受賞している。

 

『明日へー戦争は罪悪であるー』

藤嘉行(映画監督)

昭和33年10月16日、大分県別府で生まれるがすぐに上京、三軒茶屋で小学生時代を、埼玉県上尾で中学時代を、香川県高松市で高校時代を過ごし、横浜放送映画専門学院(現日本映画大学)に入る。 卒業後、松竹作品を中心に映画・テレビドラマのフリー助監督として、木下恵介監督、山根成之監督、松原信吾監督、長男啓司監督、今村昌平監督に師事。1991年CX(フジテレビ)「豪邸の不用品」(主演:古尾谷雅人)で監督デビュー。その後、テレビ連続ドラマ、2時間ドラマの演出を中心に活動する。日本映画監督協会会員。
主な作品:映画「明日へ―戦争は罪悪である―」(出演・中原丈雄・上條恒彦・岡本冨士太ほか)北島三郎芸道40周年記念映画「約束」(主演:北島三郎)
テレビドラマ「天才刑事 野呂盆六(1~10)」(主演:橋爪功)「ヤメ検の女(1~5)」(主演:賀来千香子)「さすらい刑事 風間昭平9」(主演:北大路欣也)「芸者弁護士 藤波清香」(主演:高嶋礼子)「冤罪(1~4)」(主演:加藤剛)「刑事の証明3」(主演:村上弘明)「捜査検事 近松茂道13」(主演:高橋英樹)「所轄刑事9」(主演:船越英一郎)「介護ヘルパー紫雨子の事件簿2」(主演:斉藤由貴)他多数
ドキュメンタリー「魅惑なる都市・上海」「紹興酒に誘われて・杭州、紹興の旅」(ドキュメンタリー)旅番組・VP などの演出構成など多数あり

 

『明日へー戦争は罪悪であるー』

中原丈雄(俳優)

人吉市出身。
劇団未来劇場にて数多くの舞台を踏んだ後、映画・テレビ等の映像世界に移る。中島丈博監督作品「おこげ」(1992)にて映画デビュー。妻を持つ同性愛の中年サラリーマンを演じて多くの批評家により絶賛される。以降の主な映画作品に「絆」「ワイルド7」「連合艦隊司令長官 山本五十六」 韓国映画「青燕」マックス・マニックス監督作品「レイン・フォール」イザベル・コイシェ監督作品「ナイト・トーキョー・デイ」等他多数。
テレビでも「白い巨塔」「絶対零度」「白洲次郎」、連続テレビ小説「どんど晴れ」「おひさま」そして最近では「花子とアン」でミスタードミンゴこと村岡印刷の社長の村岡平祐役で好評を得る。
現代劇、時代劇を問わず幅広い活動を行っていて、CMでは「BMW7シリーズ」、「パナソニック・ムービー」等が有る。絵画は”中原丈雄”の名付け親でもある、シャンソン歌手の石井好子氏のすすめで個展もひらくようになり ART BOX大賞 ギャラリー賞も受賞している。近頃は講演やトークなどにも出演。またプライベートバンド「TAKEO.UT」を結成、ライブも行っている。

 

『明日へー戦争は罪悪であるー』

上條恒彦(俳優)

1940年3月7日生まれ、長野県東筑摩郡出身。松本県ヶ丘高校卒業。
1962年6月に歌手活動を始める。
1971年11月には世界歌謡祭『出発の歌』グランプリ受賞。
1973年10月に連続TVドラマ『遥かなるわが町』出演し俳優としても活躍の場を広げ、1975年1月には国民的映画『男はつらいよ・寅次郎子守唄』にも出演する。
受賞暦
1971年『ポピュラーソングフェスティバル71』グランプリ受賞
1971年『第2回世界歌謡祭』グランプリ受賞
1972年『第4回世界歌謡祭』歌唱グランプリ受賞
2000年『第25回菊田一夫演劇賞』演劇賞受賞

 

『明日へー戦争は罪悪であるー』

松本ふみか(女優)

千葉県出身。1989年1月6日生まれ。
趣味は温泉・銭湯めぐり、絵本収集、ウォーキング、ハムスターの世話。特技は秋田音頭、バドミントン、ゴルフ、英語(カナダに2年留学)。
出演歴
ドラマ:「やすらぎの郷」 川添夕子 役(2017)
舞台:富良野GROUP公演「屋根」作・演出:倉本聰(2016)、富良野GROUP公演「ノクターン夜想曲」作・演出:倉本聰(2015)

 

『ピンカートンに会いにいく』

坂下雄一郎(映画監督)

1986年6月10日広島県出身。
大阪芸術大学大学卒業後、東京藝術大学大学院映像研究科に入学。『ビートルズ』(11)や、オムニバス作品『らくごえいが』(13)の中の一編(『猿後家はつらいよ』)で注目され、大学院の修了制作『神奈川芸術大学映像学科研究室』(13)がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2013長編部門審査員特別賞を受賞。松竹ブロードキャスティングオリジナル映画プロジェクト第3弾の監督に抜擢され、2017年1月公開の『東京ウィンドオーケストラ』で商業映画デビューを果たす。吉沢悠主演の『エキストランド』(17年11月11日公開)に続き、本作が商業映画3作目となる。TVでは高杉真宙、葉山奨之主演の「セトウツミ」(17/TX)などでディレクターを務める。商業デビューからわずか1年で、年間約3本 というペースで作品が劇場公開されており、さらにその全てが監督自身のオリジナル脚本という、その才能に高い評価と注目が集まっている。

 

『ピンカートンに会いにいく』

内田慈(女優)

1983年3月12日神奈川県出身。
日本大学芸術学部文芸学科中退後、演劇活動をスタートする。橋口亮輔監督『ぐるりのこと。』(08)でスクリーンデビュー。その後は『ロストパラダイス・イン・トーキョー』(10/白石和彌監督)、『恋の罪』(11/園子温監督)、『ヒミズ』(12/園子温監督)、『劇場版神聖かまってちゃん』(11/入江悠監督)、『鍵泥棒のメソッド』(12/内田けんじ監督)、『きみはいい子』(15/呉美保監督)、『恋人たち』(15/橋口亮輔監督)、『下衆の愛』(16/内田英治監督)、『葛城事件』(16/赤堀雅秋監督)、『恋愛綺譚集』(17/倉本雷大監督)、『神と人との間』(18/内田英治監督)など話題作に次々と出演。TVでは「リバースエッジ 大川端探偵社」(14/TX)、NHK 連続テレビ小説「まれ」(15)、「ハロー張りネズミ」(17/TBS)などに出演し好評を得る。

 

『花に嵐』

岩切一空(映画監督)

1992年生まれ、東京都出身。
早稲田大学文化構想学部文化構想学科に入学後、映画サークルに入り、映画制作をスタート。処女作「ISOLATION」が早稲田映画まつりで当時審査員だった吉田大八監督の激賞を受けグランプリを受賞。3作目となる「花に嵐」がPFFアワード2016において準グランプリとジェムストーン賞、日本映画ペンクラブ賞の3冠に輝き、カナザワ映画祭では観客賞と俳優賞(りりか)を受賞。MOOSICLAB 2017にて発表した本作「聖なるもの」がグランプリ、最優秀女優賞(小川紗良)、ミュージシャン賞(ボンジュール鈴木)、男優賞(岩切一空)の4冠に輝き、2018年4月にポレポレ東中野にて単独公開も決定した、新時代の到来を感じさせる最注目の映画監督。

 

『花に嵐』

半田美樹(女優)

1993年東京都生まれ。
21歳で初舞台を経験し、その後マームとジプシー、バストリオ、ピンク・リバティなど、多数の舞台で活動。岩切一空監督「聖なるもの」(2017)にも出演。

 

『おじいちゃん、死んじゃったって。』

森ガキ侑大(映画監督)

1983年広島生まれ。
福岡のCM制作会社勤務の後に上京しTHE DIRECTORS GUILDに師事、参加。2017年に脚本家・山﨑佐保子と《クジラ》を設立。映画、CM、ドラマ、MVなどを多数演出している。主なCMにグラブル、資生堂、ソフトバンク、日清カップヌードル、dマガジン、DAIHATSU、JRAなど。CANNES LIONS 2016ブロンズ賞、ACCシルバー(銀賞)など多数受賞。
2014年、短編映画「ゼンマイシキ夫婦」にてFOX短編映画祭・最優秀賞受賞、小津安二郎短編映画祭・準グランプリ受賞。『おじいちゃん、死んじゃったって。』は初長編映画監督作品

 

『おじいちゃん、死んじゃったって。』

光石研(俳優)

1961年福岡県出身。
高校在学中に『博多っ子純情』(78/曾根中生監督)のオーディションを受け主演に抜擢されデビュー。以後、数多くの映画、ドラマに出演。『お盆の弟』(15/大崎章監督)、『恋人たち』(15/橋口亮輔監督)では第37回ヨコハマ映画祭助演男優賞を受賞。
主な映画作品に『めがね』(07/荻上直子監督)、『あぜ道のダンディ』(11/石井裕也監督)、『共食い』(13/青山真治監督)、『アウトレイジ 最終章』(17/北野武監督)、『おじいちゃん、死んじゃったって。』(17/森ガキ侑大監督)、『モリのいる場所』(18/沖田修一監督)、『友罪』(18/瀬々敬久監督)、『羊と鋼の森』(18/橋本光二郎監督)、テレビ作品に「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」(17/TX)、「フランケンシュタインの恋」(17/NTV)、「ひよっこ」(17/NHK)、「陸王」(17/TBS)など。

 

『瞬間の流レ星』

源田泰章(総監督)

源田企画株式会社 代表取締役
映画プロデューサーとして多数の作品を手掛けている。また司会業などタレントとしても活動し、長野県内ではエルシーブイFM769「諏訪湖ラジオランチ」月曜、SBC信越放送「スワンダフル」のレギュラー・パーソナリティーを担当中。

 

『瞬間の流レ星』

勇翔(俳優)

1993年2月5日長野県生まれ。
東海エリア出身・在住のメンバーで構成された10人組ユニットBOYS AND MEN。
≪映画・ドラマ出演歴≫
 ●ドラマ「マジで航海してます。」鳴海新太役(MBS/TBS)
 ●映画「瞬間の流レ星」(源田泰章監督)
 ●映画「棘の中にある奇跡~笠間栗木下家」(植田尚監督)
 ●映画「ヴァンパイアナト」桜井裕吾役(山嵜晋平監督)
 ●映画「キスできる餃子」 2018年6月公開予定(秦建日子監督)
 ●映画「BOYS AND MEN 〜One For All, All For One〜」(植田尚監督)
 ●映画『サムライ★ロック』滝川一翔役(監督:中島良)
 ●ドラマ「なぜ東堂院聖也 16歳は彼女ができないのか?」(メ~テレ)原田役
 ●ドラマ「鉄子の育て方」(メ~テレ他)
 ●ドラマ「明日の光をつかめ 2013夏」(東海テレビ、フジ系)
 ●ドラマ「卒業」(メ~テレ)
 ●配信ドラマ「学園のクローバ」
 ●オムニバスドラマ「キのカタチ」(CBC)

 

『よあけの焚き火』

土井康一(映画監督)

多摩美術大学卒業後、ドキュメンタリー作家、本橋成一のもとで助監督。現在、桜映画社ディレクター。テレビ東京「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」、小栗康平監督『FOUJITA』(2015)助監督、『彫金』(2017)、『蒔絵』(2019)ほか幅広く作品を手がける。

 

『よあけの焚き火』

大藏基誠(俳優)

能楽師大藏流狂言方/俳優。25世宗家大藏彌右衛門の次男。若い世代に伝統芸能の楽しさを伝える学校狂言を展開、好評を得ている。国内外で普及公演に勤め、2011年から企画する『kyogen lounge』では伝統と現代音楽の融合をはかるなど、日本文化を広く発信するため活躍中。


実行委員会事務局:〒391-8501 長野県茅野市塚原2-6-1 茅野市役所観光まちづくり推進課内 TEL.0266-72-2101 FAX.0266-72-5833