Information

2017-09-24
本日9日間すべての日程が終了いたしました。ご来場いただきましたゲスト、ボランティアの皆さま、なにより映画をご覧いただくために足を運んでいただいた、延べ5000人を超えるお客さま。本当にありがとうございました。スタッフ一同感謝申しあげます。また来年お会いしましょう!

「この世界の片隅に」1回目の上映後、声優の牛山茂さんのゲストトークがありました。2回上映にもかかわらず両回とも満席になるほどの人気でした。
  
「東京ウィンドオーケストラ」上映後、主演の中西美帆さん、松木大輔さん、星野恵亮さん、嘉瀬興一郎さん、及川莉乃さん、松本行央さん、深田誠剛プロデューサーによるゲストトークがありました。
  
「バースデーカード」上映後、吉田康弘監督、橋本愛さんのゲストトークがありました。
  
映画祭最終日。
茅野駅周辺では映画祭に合わせて『軽トラ市』『エキナカ市』も開催しています。
   
2017-09-23
「ケンとカズ」上映に先立ち、小路絋史監督のゲストトークがありました。MCは東海大諏訪高校の笠原幸さんです。
  
「秋刀魚の味」上映に先立ち、岩下志麻さんのゲストトークがありました。

中学生ワークショップの作品発表、短編入賞作品の上映、ゼンマイシキ夫婦の上映と森ガキ侑大監督のゲストトークがありました。
 
中井貴惠さんの音語りと山内静夫さんによるゲストトークがありました。
  
「小早川家の秋」の上映に先立ち、司葉子さんのゲストトークがありました。
 
短編映画コンクールのグランプリ、準グランプリ、入賞作品が決定しました。

オープニングセレモニー引き続き山内静夫さん、司葉子さん、岩下志麻さんによる20回記念ゲストトークがありました。

オープニングセレモ二ーのMCを務めるのは東海大諏訪高校の渡邉皓基くん、諏訪清陵高校の小松愛菜さんです。セレモ二ーの最後に柳平千代一組織・実行委員長から当映画祭最高顧問の山内静夫さんに「長年にわたり、茅野市の文化事業発展に尽力された」とし、感謝状と国宝土偶「縄文のビーナス」のレプリカを贈呈しました。
  
しろくま楽団「映画音楽コンサート」が行われました。MCは東海大諏訪高校の立木伽奈さんです。
  
映画祭8日目。
第20回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭のメインとなる2日間が開幕です。
2017-09-22
「しろくま楽団 JAZZ LIVE」満員御礼、大盛況のうち開催いたしました。
 
映画祭7日目。
上映作品は往年の名作「鉄道員(ぽっぽや)」「花笠若衆」「しろくま楽団 JAZZ LIVE」です。
2017-09-21
映画祭6日目。
上映作品は「サバイバルファミリー」(2回上映)「グッドモーニングショー」です。
2017-09-20
映画祭5日目。
上映作品は小津監督に連なる、今の名監督作品「海よりもまだ深く」(2回上映)「岸辺の旅」です。
2017-09-19
「八重子のハミング」上映後、佐々部清監督の舞台トークに主演の升毅さんがサプライズ登壇されました。
  
映画祭4日目。
上映作品は市民が選んだ映画「湯を沸かすほどの熱い愛」(2回上映)「八重子のハミング」です。
2017-09-18
「聲の形」上映後にミニ手話講座が行われました。

映画祭3日目。
今日のMCは岡谷南高校の藤森俊哉くんと小嶌芽吹さん、上映作品は「晴天の霹靂」「聲の形」中学生が選んだ映画「花より男子ファイナル」です。
  
2017-09-17
映画祭2日目。
今日のMCは岡谷南高校の小嶌芽吹さん、上映作品は「いま、会いに行きます」「SING/シング」「テルマエ・ロマエII」です。
 
2017-09-16
映画祭オープニング上映作品は小津監督のサイレント「生まれてはみたけれど」。活動弁士はもちろん澤登翠さん!
 
『第20回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭』開幕いたしました。9日間にわたってたっぷり映画をお楽しみください。
今年は「高校生スタッフ養成講座」受講生が日替わりでMCを務めます。今日のMCは岡谷南高校の藤森俊哉くんです。
 
2017-09-10
9/23、24は午前と午後1便づつ茅野市民館より無藝荘へ無料シャトルバスが出ます。運行スケジュールは次の通りです。
≪午前便≫
茅野市民館(10:30)-無藝荘着(11:00)-無藝荘発(11:30)-新・雲呼荘着(11:35)-新・雲呼荘発(12:00)-茅野市民館着(12:30)
≪午後便≫
茅野市民館(13:30)-無藝荘着(14:00)-無藝荘発(14:30)-新・雲呼荘着(14:35)-新・雲呼荘発(15:00)-茅野市民館着(15:30)

お得なフリーパス券(3,800円)をお買い求めの方に小津安二郎記念・蓼科高原映画祭オリジナル・ダイヤ菊お猪口を1つプレゼントします!映画祭当日に受付でお持ちのフリーパス券をご提示してください。
※お猪口だけの販売はありません
2017-09-05
『小早川家の秋』の上映スケジュールが変更になりました。13:15~女優の司葉子さんのゲストトークのあと13:35~上映開始となります。
2017-09-04
2017-08-29
『東京物語』上映後にゲストトークを予定していた、女優の香川京子さんは都合により来場されなくなりました。
2017-08-24
チラシできました。
 
2017-08-20
「バースデーカード」橋本愛さんの来場(予定)が決まりました。
2017-08-19
「バースデーカード」吉田康弘監督、「ケンとカズ」小路紘史監督、「東京ウィンドオーケストラ」女優の中西美帆さん、「この世界の片隅に」声優・牛山茂さんの来場(予定)が決まりました。
2017-08-10
上映予定作品が決まりました。
『岸辺の旅』(黒沢清監督 2015)、『花笠若衆』(佐伯清監督 1958)、『鉄道員(ぽっぽや)』(降旗康男監督 1999)、『いま、会いにゆきます』(土井裕泰監督 2004)、『テルマエ・ロマエII』(武内英樹監督 2014)、『八重子のハミング』(佐々部清監督 2016)、『桐島、部活やめるってよ』(吉田大八監督 2012)、『ラ・ラ・ランド』(デイミアン・チャゼル監督 2016)、『美女と野獣』(ビル・コンドン監督 2017)、『シン・ゴジラ』(庵野秀明、樋口真嗣監督 2016)、『SING/シング』(ガース・ジェニングス監督 2016)、『映画 聲の形』(山田尚子監督 2016)、『クレヨンしんちゃん 来襲!! 宇宙人シシリ』(橋本昌和監督 2017)、『映画音楽コンサート』(しろくま楽団)
2017-07-05
上映予定作品が決まりました。
『東京ウィンドオーケストラ』(坂下雄一郎監督 2016)、『この世界の片隅に』(片渕須直監督 2016)、『ケンとカズ』(小路紘史監督 2016)、『バースデーカード』(吉田康弘監督 2016)、『家族はつらいよ』(山田洋次監督 2016)、『グッドモーニングショー』(君塚良一監督 2016)、『海よりもまだ深く』(是枝裕和監督 2016)、中井貴惠・音語り/『麥秋』
2017-06-26
2017-05-16
「東京物語」の香川京子さん、「小早川家の秋」の司葉子さん、「秋刀魚の味」の岩下志麻さんの来場が決まりました。(予定)
2017-04-29
上映予定の小津安二郎監督作品が決まりました。
『東京物語』(1953)、『小早川家の秋』(1961)、『秋刀魚の味』(1962)、『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』(1932、サイレント)
2017-04-24
蓼科・夏の小津会の詳細が決定しました。
2017-04-18
2017-03-21
今年の小津安二郎記念・蓼科高原映画祭は節目の20回を迎えます。
第20回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭は映画ウィークを含め9月16日(土)~24日(日)の9日間の予定です。

「小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」実行委員会では映画祭をお手伝いして頂けるボランティスタッフを随時募集しています。皆のこころが通じ合うハートフルな映画祭を一緒につくりませんか?お問合わせ・申込みは、実行委員会事務局まで。



私たちは応援します




【主 催】
「小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」実行委員会
【共 催】
茅野市、茅野市観光協会
【後 援】
松竹株式会社、日本映画監督協会、茅野市教育委員会、茅野商工会議所、信州諏訪農業協同組合、(株)衛星劇場、信濃毎日新聞社、長野日報社、茅野市民新聞社、NHK長野放送局、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、ABN長野朝日放送、エルシーブイ(株)、長野エフエム放送、(株)平安堂、From East、短編映画館トリウッド
【協 力】
茅野市公民館、茅野市芸術文化協会、JR茅野駅、茅野ライオンズクラブ、茅野ロータリークラブ、諏訪大社ロータリークラブ、(株)地域文化創造、諏訪圏青年会議所、駅前商業会、本町商業会、宮川商業会、駅東商業会、ユーアイタウン共栄会、仲町1丁目共栄会、弥生通り商栄会、ベルビア吊店会、蓼科プール平商業会

蓼科・夏の小津会


実行委員会事務局:〒391-8501 長野県茅野市塚原2-6-1 茅野市役所 観光課内 TEL.0266-72-2101 FAX.0266-72-5833